読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会3世の憂うつ

学会3世として生まれた僕は、創価学園・創価大学を卒業した。 しかし結局、バリ活にもアンチにもなれなかった。懐疑的性格という自らの原罪を呪いながら、それでも信仰を志向して生きる煮え切らない日々を過ごしている。

創価学会員として「靖国問題」を考える

終戦記念日を迎えるに当たり、「靖国問題」について考えたいとは前々から思っていました。稲田防衛大臣の靖国参拝の動向ばかりが注目されていますが、それはあまりに矮小化された議論です。靖国神社は、生々しい宗教的感情と、罪深い国家的な意図が交錯する…

「人間革命」をスピリチュアルな言葉にしないために:「政治と文学」論争から考える

「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げさらに全人類の宿命の転換をも可能にする」 『人間革命』冒頭の有名な一節です。数ある池田名誉会長の言葉の中でも、これが一番有名かもしれません。またこの「人間革命」の思想は…

牧口・戸田会長の投獄・獄死の意味を再考しなければならない:日本共産党とリベラリストの思想から

「牧口会長と戸田会長は、勇気を出して軍部政府に反対した。だから偉かった」 創価学会初代・二代会長の牧口・戸田両氏は、治安維持法と不敬罪によって逮捕され、投獄されています。牧口会長は、獄中にてお亡くなりになられている。この両会長の投獄の記憶は…

創価学会と憲法9条:戦後日本における議論から考える

「共産党は護憲、護憲と言っているが、日本国憲法制定時に反対したのは、共産党じゃないか!」 共産党が「国民連合政府」構想を掲げた頃から、公明党はこのような批判を好んでするようになりました。 私はこれを初めて聞いた時、「流石にそんな批判はないだ…

天皇制に学ぶ「忠誠」と「反逆」

「先生は、天皇をどうお考えですか」 『人間革命』の「地涌」の章において、山本伸一が戸田城聖に投げかけた質問です。 この質問は、当時の時代思潮を表しています。壊滅的な敗戦を迎えた日本に生きる人々は、いくつかの重要な思想課題に直面していました。…

個人主義者かつ愛国者であること:丸山眞男の思想を読む

『人間革命』の舞台となっている時代状況を学ぶために、戦後思想を学んでいる本連載。今回は、丸山眞男という、「戦後知識人」の代表とされる人物を取り上げます。 本連載は、「『人間革命』の時代を読む」という連載の第1回です。連載目次は、下記をご覧く…

共産党はかつて「真の愛国政党」を掲げていた:『人間革命』の時代を学ぶに当たって

今週から『人間革命』の第1版と第2販の読み比べを始めましたが、それに伴い、「『人間革命』の時代背景」について勉強し直そうと思い起ちました。そこで小熊英二の『民主と愛国』を少しずつ読んでいく事を決めました。人間革命の比較検討に、日蓮遺文の再読…

A級戦犯はなぜ天皇誕生日に処刑されたのか:「生前退位」報道に際して

天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが報道された。もし本当ならば、日本における天皇制について、生涯をかけて熟慮されてきた末のご判断だと思う。政権にとっては、大変な難題となってしまったが、今後の行く末を注視したい。また、天皇制つい…

目次一覧~『人間革命』の時代を読む~

『人間革命』の時代を読む 「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。」 数ある創価学会の書籍の中でも、特に重要な位置を占めるのが小説『人間革命』。 戸田城聖会長と池田名誉…